BLOG

粛々としたゴールデンウィークが終わってしまいましたね。当店では本日お休みをいただきました。さりとて何をするでもなく、行くあてもなく、暇を持て余すとはこのことです。お昼から雨があがり、市内の琴崎八幡宮まで「花手水」を観に出かけました。

手水(ちょうず)鉢に季節の花を浮かべる試み。花を愛する精鋭方々による素晴らしいインスタレーションです。新緑の季節とあって水面はグリーン一色。木々の緑とも相まって心地よい時間を過ごしました。

遅くなりましたが明日以降の店休日、短縮営業日をお知らせいたします。

店休日 
18(火)

短縮営業日 
11(火) 09:30~17:00
16(日) 09:30~17:00

連休中は「前々から来てみたかった」と初来店のお客様が多数でした。楽しい時間となりましたでしょうか。またのご来店をお待ちしております。
いよいよ五日後に迫りました。来たる4月29日(昭和の日)宇部市浜町の「GLYCINES(グリシーヌ)」一階フロアにて文化祭を開催いたします。

ただ今、facebookのイヴェントページにて、出演者、出店者、主催者計30数組「全員」を日替わりで紹介しております。ガイドブック代わりにご活用ください。

臨時駐車場につきましては明日以降お知らせいたします。


【入場制限】  
新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、以下に該当するお客様のご来場はお控えください。
●37.5度以上の発熱(平熱と比べて高い発熱)や下記の症状があるお客様(入場時に検温いたします) 
咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐等の症状 
●新型コロナウイルス感染症陽性とPCR検査で判定された者との濃厚接触があるお客様 
●過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触があるお客様 

【ご来場のお客様へのお願い】 
●マスクのご着用をお願いします。
●手洗い・手指消毒の徹底をお願いいたします。手指用消毒液は館内入口等に設置しておりますので、入館前に必ずご利用ください。 

来たる4月29日(昭和の日)宇部市浜町の「GLYCINES(グリシーヌ)」一階フロアにて文化祭を開催いたします。

「GLYCINES(グリシーヌ)」は昨年5月にオープンしたカフェ&ギャラリーです。かつて病院だった建物の3階部分をリノベーションした斬新さがウケて宇部の新名所となっています。病棟だった2階はアパート兼簡易宿所に変身。これまたニュースとなりました。今回、未開発の1階部分を使用して行う初めてのイヴェントです。

当時のそのままが残るフロアを丸ごと使用。レントゲン室はダンスホールに。オペ室はフラワーショップに。もちろんアートも盛りだくさん。3階ではGLYCINES主催の粉物フードフェス「カモンコナモン」が同時開催。南側のバルコニーでは「ルーフトップコンサート」よろしく精鋭8組によるアコースティックライヴが行われます。

それぞれが個性を奏でるという意味を込めて「アルペジオ」と題しました。緑の美しい季節。鍋倉山にきれいな和音が響き渡りますように。

とき:2021年4月29日(木祝)11:00〜18時(アフターパーティー18時〜21時)
ところ:GLYCINES 宇部市浜町2丁目12-39 聖仁会ビル(旧田中外科)1F&3F
主催:めがねとけいは おくたき×FLOWERS OF ROMANCE
お問い合わせ:TEL:0836-21-6257(おくたき)/MAIL:info@octaki.net  

SHOP:
・C'est Moi (花・植物)
・RASTIC(レザー)
・eye2の店(古着)
・FLOWERS OF ROMANCE (レコード&CD)
・めがねとけいはおくたき(眼鏡)

DJ:
・ナカジ
・内田敬士
・林 大介
・momo
・thank 
・かくしポケット
・井上慎司
・DJ126
・hirano
・alcohol alpinist
・sky garden and more…

BAND:
・satomin de M
・The GyaAteeS
・飄飄
・花本潤
・スーハー
・Mukaちゃん
・田中則文

ART: 
・kozi69
・アユネル
・そこにおる
・中土井律子
・大佐

FOOD:
・レモニート(ホットドッグ)
+3F GLYCINESにて粉物フードフェス「カモンコナモン」開催

桜が「前倒し」で開花し、気がつけば春がそこに立っていました。大変お待たせしました。4月の営業スケジュールをお知らせいたします。

眼鏡の新作が出揃ってきました。何かを変えたいシーズンです。お顔の印象をフルモデルチェンジしてみませんか?ご試着はどうぞ何度でもお越しください。

29日(木祝)は先般よりお知らせしております当店主催の文化祭「アルペジオ」を宇部市浜町の「GLYCINES(グリシーヌ)」にて開催いたします。むかし病院だった一階部分を使った面白いイヴェントです。ライヴ、ディスコ、アートが合体。人気のフラワーショップやホットドッグのお店もやってきます。こちらもぜひご来場ください。

店休日 

04(日)
14(水)
15(木)

短縮営業日 

07(水) 09:30~17:00
11(日) 09:30~17:00
16(金) 09:30~17:00
19(月) 09:30~17:00
24(土) 09:30~17:00
26(月) 09:30~17:00

3月1日(月)2日(火)の両日、商品入れ替えと店内一部工事のためお休みを頂きます。商品受け取り、その他はご予約にて対応させて頂きます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
3月の店休日、短縮営業をあわせてお知らせいたします。新しいシーズンのはじまりに楽しいことを密かに企画中です。ひっくり返るほどではありませんが、のけ反るくらいはじゅうぶんかも知れません。どうぞお楽しみに。

店休日 
01(月)
02(火)
10(水)
29(月)

短縮営業日 
03(火) 09:30~17:00
07(日) 09:30~17:00
12(金) 09:30~17:00
16(火) 09:30~17:00

1950年代から70年代にかけてミルウォーキーの二つの大リーグチームで活躍したハンク・アーロンが死去した。86歳。アトランタブレーブスが公式ホームページで発表した。

通算ホームラン記録「歴代2位」のキャプションが今なお腹立たしい。前人未踏と云われたベーブ・ルースの持つ715本の記録を破り、通算755本で76年に引退した。その記録を07年にバリー・ボンズに破られたから「2位」だという。ボンズの記録に「薬物使用疑惑」のアスタリクスが付くことは周知の事実である。

アーロンはボンズとは比べ物にならないプレッシャーのなかで記録を達成した。黒人差別は卑劣さを極めていた。ルースの記録を破ったら家族を殺すという脅迫に屈することなくアーロンはダイヤモンドを一周した。

我が国では74年暮れに日米野球のエキシビジョンとして行われた「王貞治vsハンク・アーロン」のホームラン競争が思い出深い。10本対9本でアーロンが勝利。自伝を児童文学書で貪るように読んだ。王はその後ルースの記録を破り、ついにアーロンをもを超えた。「世界記録」として認め、王の偉業を心から讃えたアーロンのスポーツマンシップに対し、日本人は今こそ感謝すべきだろう。我々小学生はアーロンに頭を撫でられたような気分だった。ますます野球を好きになった。

数々の名シーンをYouTubeで貪るように観ている。ふと思い出すのは、横浜元町にかつてあった「ハンク」という名のレストランのことだ。大リーグがまだ一般的ではなかった時代に、店内を丸ごとボールパークに仕立てた夢のような空間だった。アーロンの肖像画があったような、なかったような。記憶はセピア色に染まってゆく。世界のホームラン王が逝ってしまった。



当店は来たる2月11日(木祝)〜14日(日)の4日間、宇部市浜町のカフェ&ギャラリー「GLYCINES (グリシーヌ)敬称略」にて「theo(テオ)」のポップアップショップを開催いたします。テオの眼鏡、サングラス計700本を展示販売。最新モデル全作に加え、ヴィンテージまで。自由に掛けていただき、ご家族お友達と楽しんでいただく展示会です。

テオは1987年ベルギー・アントワープの地に誕生した眼鏡ブランドです。「ビル・ゲイツの眼鏡」として一躍有名になりました。斬新なカラーと独創的なデザインで世界にひとつだけの個性を放っています。山口県では当店のみ、四年前のリニューアルオープンから取り扱いです。眼鏡と人生を丸ごと楽しむテオの理念はそのまま当店の指針ともなりました。

今回、舞台となるグリシーヌは当店と同じ鵜の島地区に昨年オープンした宇部の新名所です。テオのアンバサダー、ルカ・ストローガルさんもとても気に入ったご様子で、今回の企画へと繋がりました。この素敵な空間でぜひテオの世界に触れてみてください。
宇部市在住のイラストレーター、kozi69が友情出演。「girl meets theo」と題した新作展示、公開制作を行います。グリシーヌさんも特別にスイーツメニューを用意してくださるとのこと。四者によるコラボレーション。コロナ感染症対策をしっかり行い、皆さまに楽しんでいただけるようベストを尽くします。ご来場をお待ちしております。


とき:2月11日(木祝)〜14日(日)11:00〜18時 ※最終日は17時まで
ところ:GLYCINES 宇部市浜町2丁目12-39 聖仁会ビル(旧田中外科)3F
TEL:0836-39-9656/MAIL:glycines@arts-life.com
主催:めがねとけいは おくたき
TEL:0836-21-6257/MAIL:info@octaki.net  

・テオの商品は全品サンプルです。受注後、ベルギーからの発送となりますため一週間程度お日にちを頂き、後日「おくたき」店舗でのお渡しとなります。配送も承ります。
・検眼は当日でも可能です。最終日2月14日(日)はHOYAビジョンケアカンパニーより遠近両用レンズエキスパートの小野守氏来場。眼鏡の相談も承ります。
新年あけましておめでとうございます。今年も眼鏡屋の本分を見失うことなく、眼鏡屋の枠にはまらない面白い店を目指してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

昨年に引き続き「アンチ・メインストリーム(反主流派)」をスローガンに掲げてみました。世の流行とはひと味違う品揃えであること。そして、世の主流となった「インスタント眼鏡」への対抗という二つの意味を込めました。掛けるたびに楽しくなる、使うごとに愛着が増してゆく、そんな眼鏡を、時間をかけてゆっくり丁寧にお作りいたします。

画像は今年4月、米マサチューセッツ州ウースターに誕生するマイナーリーグ球団「ウースターレッドソックス」の野球場「POLAR PARK」です。パンクロックの盛んな地でもあります。現地に住む私の友人たちは開幕を待ちきれない様子です。

ライトフェンスが極端に高く作られていますね。実はこれ、親チームであるボストンレッドソックスの本拠「FENWAY PARK」に倣ったものです。FENWAYの開場は1914年。区画の都合でレフトまでの距離が極端に短くなったことをカバーするために苦肉の策で作られた高い壁です。ホームランを阻む「オバケ壁」。それをあえて踏襲する遊び心が憎いですね。いつの日か訪れてみたいものです。
おくたきの今シーズン開幕は1月5日。ご来店をお待ちしております。

店休日 
15(金)

短縮営業日 
12(火) 09:30~17:00
21(木) 09:30~17:00


 17日付朝日新聞文化・文芸面掲載の記事「筒美京平と歌謡曲の黄金時代/好敵手、都倉俊一が語る」を食い入るように読んだ。かつて切磋琢磨した同世代のライバルの視点から筒美京平の知られざる魅力に迫る。聞き手は定塚遼記者。音楽誌でも通用する博識の持ち主とあって、都倉氏とがっぷり四つに組んだインタビューとなった。

 ところがーー。本日21日付同紙におかしな「お詫び文」が掲載された。尾崎紀世彦の「また逢う日まで」に言及したくだりについて。全文を引用する。

 「また逢う日まで」は当初、別の題名で別の歌手に提供された楽曲でした。確認作業が不十分でした。

 呆気にとられてしまった。

 実は「また逢う日まで」には原曲が存在する。さいしょはズーニーヴー(feat.町田義人)というグループサウンズバンドのために書かれた「ひとりの悲しみ」という曲だった。売れずに埋もれていたこの曲を尾崎が歌いたいと申し出て、阿久悠が新たに歌詞を書き下ろし、出来上がったのが「また逢う日まで」ということになる。

 都倉氏はこのことをすっかり忘れていたのだろう。「(筒美さんは)彼(尾崎)の歌唱力を100%使いきるような歌にした」と語った。曲を「仕立て直し」した場面からの回想であれば何も問題はないと思えるのだが、読者から苦言が殺到したのだろう。「確認不足」で頭を下げることになってしまった。

 今から10年ほど前、地元エフエム局「エフエムきらら」で音楽番組のディスクジョッキーをしていたときに、私はこのズーニーヴーのヴァージョンをオンエアしたことがある。リスナーの誰からも反響はなく、局内も皆一様に冷ややかだった。10年が経ち「ひとりの悲しみ」のエピソードはウィキペディアに堂々紹介され、youtubeへ行けばすぐに高音質で聴くことができる。きのう尾崎紀世彦を知ったばかりの若者が、きょうズーニーヴーに最短距離でたどり着くーー。今回の一件から恐ろしいまでの瞬時情報伝達社会が透けて見える。情報だけを拾い集め中身を見ずに捨ててゆく。そういう時代なのだろう。

 インタビューの最後に都倉氏はこんなメッセージを残している。「普遍的なメロディーを書くソングライターという職業作家がいた時代のことが評価され、受け継がれるときが来て欲しい。京平さんもきっとそういう思いがあったんじゃないかな」。音楽とゆっくりと歩む時代が再び訪れることを祈りたい。

あっという間に10月となりました。例年ですと、東京で三日間行われる眼鏡の国際展示会に出かける頃ですが、今年は例のこともあって、行かないことにしました。年に一度の東京旅行を兼ねていたこともあってさみしいかぎりです。

展示会には行きませんが、ZOOM商談ほか、他の方法を駆使して、皆さまにニューエストモデルをいち早くお届けしたいと思っております。ご期待ください。

10月の店休日、短縮営業日をお知らせいたします。ご来店をお待ちしております。


店休日

08(木)
22(木)

短縮営業日

05(月)09:30〜17:00
09(金)09:30〜17:00
16(金)09:30〜17:00
19(月)09:30〜17:00
23(金)09:30〜17:00
26(月)09:30〜17:00
31(月)09:30〜17:00



四連休の予定はお決まりですか?おくたきでは9月19日(土)からの4日間、「my first visit to おくたき」と題したフェアを開催いたします。

はじめてのお客さまに当店のカラーを存分に感じていただくオープンドアデイズ。題して「めがねを売らない4日間」です。日替わりで四つのテーマを設けました。三密対策でもとよりドアは開けっぱなしです。どうぞ、ふらりと。お気軽にご来店ください。


9月19日(土)フィッティングデイ:とことんフィッティングにこだわった一日です。どうしてズレるの?どうして痛いの?なんでもお尋ねください。※パーツ交換代含めて無料

9月20日(日)女子デイ:男子禁制?女性にやさしい試着会です。「セカホシ」で少し有名になったアン・バレンタインの新作をはじめ、愛らしいフレームが揃っています。どうぞご試着ください。写真撮影ももちろんOKです。

9月21日(月祝)後期高齢者デイ:年に一度の敬老の日スペシャル。75歳以上のお客さまの腕時計電池交換を全品100円にて承ります(通常1000円〜3000円)。これからもお元気で、素敵な時間を刻み続けますように。※代理ご来店も承ります。お一人様1個かぎりです。

9月22日(火祝)レコードデイ:即席レコード観賞会。ご自宅に眠るアナログレコードを店内でお掛けします。どうぞお持ちください。ロックアナリスト来店予定。まだ知らないあなたのフェイヴァリットと出会うチャンスです。眼鏡も見ていってください。※レコードメンテナンス(溝の掃除、カビ取り)も行います。オールジャンルOK。

各日10時〜19時営業
※駐車場は西へ40メートル「ホルモンこぷちゃん」道路向かい月極に3台分ございます。店舗となりへの駐車はくれぐれもご遠慮ください。