BLOG

 17日付朝日新聞文化・文芸面掲載の記事「筒美京平と歌謡曲の黄金時代/好敵手、都倉俊一が語る」を食い入るように読んだ。かつて切磋琢磨した同世代のライバルの視点から筒美京平の知られざる魅力に迫る。聞き手は定塚遼記者。音楽誌でも通用する博識の持ち主とあって、都倉氏とがっぷり四つに組んだインタビューとなった。

 ところがーー。本日21日付同紙におかしな「お詫び文」が掲載された。尾崎紀世彦の「また逢う日まで」に言及したくだりについて。全文を引用する。

 「また逢う日まで」は当初、別の題名で別の歌手に提供された楽曲でした。確認作業が不十分でした。

 呆気にとられてしまった。

 実は「また逢う日まで」には原曲が存在する。さいしょはズーニーヴー(feat.町田義人)というグループサウンズバンドのために書かれた「ひとりの悲しみ」という曲だった。売れずに埋もれていたこの曲を尾崎が歌いたいと申し出て、阿久悠が新たに歌詞を書き下ろし、出来上がったのが「また逢う日まで」ということになる。

 都倉氏はこのことをすっかり忘れていたのだろう。「(筒美さんは)彼(尾崎)の歌唱力を100%使いきるような歌にした」と語った。曲を「仕立て直し」した場面からの回想であれば何も問題はないと思えるのだが、読者から苦言が殺到したのだろう。「確認不足」で頭を下げることになってしまった。

 今から10年ほど前、地元エフエム局「エフエムきらら」で音楽番組のディスクジョッキーをしていたときに、私はこのズーニーヴーのヴァージョンをオンエアしたことがある。リスナーの誰からも反響はなく、局内も皆一様に冷ややかだった。10年が経ち「ひとりの悲しみ」のエピソードはウィキペディアに堂々紹介され、youtubeへ行けばすぐに高音質で聴くことができる。きのう尾崎紀世彦を知ったばかりの若者が、きょうズーニーヴーに最短距離でたどり着くーー。今回の一件から恐ろしいまでの瞬時情報伝達社会が透けて見える。情報だけを拾い集め中身を見ずに捨ててゆく。そういう時代なのだろう。

 インタビューの最後に都倉氏はこんなメッセージを残している。「普遍的なメロディーを書くソングライターという職業作家がいた時代のことが評価され、受け継がれるときが来て欲しい。京平さんもきっとそういう思いがあったんじゃないかな」。音楽とゆっくりと歩む時代が再び訪れることを祈りたい。

あっという間に10月となりました。例年ですと、東京で三日間行われる眼鏡の国際展示会に出かける頃ですが、今年は例のこともあって、行かないことにしました。年に一度の東京旅行を兼ねていたこともあってさみしいかぎりです。

展示会には行きませんが、ZOOM商談ほか、他の方法を駆使して、皆さまにニューエストモデルをいち早くお届けしたいと思っております。ご期待ください。

10月の店休日、短縮営業日をお知らせいたします。ご来店をお待ちしております。


店休日

08(木)
22(木)

短縮営業日

05(月)09:30〜17:00
09(金)09:30〜17:00
16(金)09:30〜17:00
19(月)09:30〜17:00
23(金)09:30〜17:00
26(月)09:30〜17:00
31(月)09:30〜17:00



四連休の予定はお決まりですか?おくたきでは9月19日(土)からの4日間、「my first visit to おくたき」と題したフェアを開催いたします。

はじめてのお客さまに当店のカラーを存分に感じていただくオープンドアデイズ。題して「めがねを売らない4日間」です。日替わりで四つのテーマを設けました。三密対策でもとよりドアは開けっぱなしです。どうぞ、ふらりと。お気軽にご来店ください。


9月19日(土)フィッティングデイ:とことんフィッティングにこだわった一日です。どうしてズレるの?どうして痛いの?なんでもお尋ねください。※パーツ交換代含めて無料

9月20日(日)女子デイ:男子禁制?女性にやさしい試着会です。「セカホシ」で少し有名になったアン・バレンタインの新作をはじめ、愛らしいフレームが揃っています。どうぞご試着ください。写真撮影ももちろんOKです。

9月21日(月祝)後期高齢者デイ:年に一度の敬老の日スペシャル。75歳以上のお客さまの腕時計電池交換を全品100円にて承ります(通常1000円〜3000円)。これからもお元気で、素敵な時間を刻み続けますように。※代理ご来店も承ります。お一人様1個かぎりです。

9月22日(火祝)レコードデイ:即席レコード観賞会。ご自宅に眠るアナログレコードを店内でお掛けします。どうぞお持ちください。ロックアナリスト来店予定。まだ知らないあなたのフェイヴァリットと出会うチャンスです。眼鏡も見ていってください。※レコードメンテナンス(溝の掃除、カビ取り)も行います。オールジャンルOK。

各日10時〜19時営業
※駐車場は西へ40メートル「ホルモンこぷちゃん」道路向かい月極に3台分ございます。店舗となりへの駐車はくれぐれもご遠慮ください。
「今年は暑かったねぇ。こんな暑さは今までに一度もなかったよ」。年配のお客様がほとほと困り果てたように、しかし、どこか清々しい、マラソンのゴールテープを切ったかのような面持ちで、そうおっしゃられます。移ろいゆく季節が美しい時期です。
9月の店休日ほかお知らせいたします。

眼鏡とも時計とも違うことで、近日、ワクワクするニュースをお届けします。しかも二本立て。サイエンスフィクションダブルフューチャーです。楽しみにしていてください。9月もどうぞご贔屓に。皆さまのご来店をお待ちしております。


店休日

14(月)
※もう1日お休みをいただきます。後日お知らせいたします。

短縮営業日

08(火)09:30〜17:00
11(金)09:30〜17:00
18(金)09:30〜17:00
22(火)09:30〜17:00
25(金)09:30〜17:00


コロナと長梅雨に隠れていた夏がとつぜん現れましたね。いつもなら一年で最も心沸き立つ季節ですが、まだまだ我慢を強いられます。心が暗くならないように、明るい未来となるように、この街を盛り上げていきたいと思います。
8月の店休日、短縮営業日をお知らせいたします。ご予約も承ります。お気軽にお問い合わせください。

店休日
06(木)
14(金)
15(土)
16(日)

短縮営業日
03(月)09:30〜17:00
08(土)09:30〜17:00
11(火)09:30〜17:00
22(土)09:30〜17:00
28(金)09:30〜17:00

最後にお知らせをもうひとつ!theo(テオ)やAnne et Valentin(アン・バレンタイン)の魅力をもっとキャッチーにお伝えするために、近々、Instagram&facebookで面白いことを始めます。お楽しみに!

ほんの数週間前、ざんざんぶりの日曜日。ジャズヴォーカルが聴きたくなり、倉庫から引っ張り出してきたのが弘田三枝子の3枚のアルバムだった。昭和50年代前半に録られたいずれ劣らぬ傑作である。ところでミコはいまどうしているのだろうーー。至福のひと時のなか、何故だかそんな心配が頭をもたげていた。


ミコこと弘田三枝子は昭和22年東京都生まれ。幼少期にドラマの子役として世に出た。歌も上手で、その類まれな才能を感じ取った母親は、音楽家・ティーブ釜萢氏(*かまやつひろし実父)のもとへミコを通わせる。天性の歌唱力にジャズのフィーリングが備わり早くにして才能が開花。昭和36年「子供ぢゃないの」で歌手デビューした。

米国のガールポップスを漣健二作詞による日本語のリリックで歌う、いわゆる「カヴァーポップス」が大流行。ミコは時代の寵児となった。他のティーン歌手との歴然たる実力差が「ヴァケーション」の歌唱でわかる。各社競作で5名の歌手によって吹き込まれたが、誰一人としてミコのようには歌えなかった。俗に「パンチのミコ」と称される。日本語を英語のように操る最初のひとりとなった。

カヴァーポップスの流行がひと段落し人気が低迷。69年「人形の家」でカムバックを果たす。最小コンボをバックにしたグルーヴィンな歌唱にJ-POPの源流を見る。すべてにエポックメイキングな存在だった。

今から20年近くまえ、米国の友人から探してほしいと頼まれたレコードがある。「ニューヨークのミコ」がそれで、昭和40年に「ニューポート・ジャズ・フェス」に出演した際、現地で行われたベン・タッカーらとのスタジオセッションを収録したアルバムだった。5桁は下らないプレミア価格から海外での評価の高さがうかがえた。一方、日本ではたまにナツメロ番組に出てお約束の「ヴァケーション」を歌うのが関の山だった。それでもスポットライトを浴びてステージで歌うことを信条とし続けた。

今日もまた朝から降り続く雨。あらためて「My Funny Valentine」を聴いてみる。破格の実力、底知れぬ表現力にただただ酔いしれる。同時に、昭和の終わりを見届けたかのような晴れやかさに包まれる。天国でのセッション。ビッグネームたちが手ぐすね引いて待っていることだろう。

激動の2020年も今日で折り返し。明日から7月ですね。依然としてコロナを横目に見ながらの営業ですが、明るく、元気に、夏を迎え入れたいと思います。新入荷多数。イヴェントも行います。音楽関連であっと驚く面白いことを計画中です。どうぞお楽しみに!
7月の店休日、短縮営業日をお知らせいたします。ご予約も承ります。お気軽にお問い合わせください。


店休日

10(金)
21(火)


短縮営業日

03(金)09:30〜17:00
12(土)09:30〜17:00
19(土)09:30〜17:00
23(木)09:30〜17:00
25(土)09:30〜17:00
28(火)09:30〜17:00
いつもご来店いただき誠にありがとうございます。
明日6月1日(月)より通常の営業時間に変更いたします。
緊急事態宣言は解除されましたが、これからも感染防止対策につとめてまいります。
皆さまのご来をお待ちしております。

営業時間:9:30〜19:00 *下記短縮営業日を除きます。

店休日:後日お知らせいたします。

短縮営業日:

02(火)09:30〜17:00
07(日)09:30〜17:00
12(金)09:30〜17:00
19(金)09:30〜17:00
26(金)09:30〜17:00
30(火)09:30〜17:00

「レコード・コレクター」を自称する者は極めて少ない。たいがいは覆面をかぶり素顔を見せたがらない。

「上には上がいる。自分はまだまだだ」という謙虚さがそうさせる。逆に「コレクションを大っぴらにする者ほどたいしたモノを持っていない」というライバル心のあらわれでもある。これが世界を目指す卓球選手の言葉だというなら立派なものだが、大の大人が子供じみた趣味をいつまでも続け一喜一憂しているのだからおおよそ世の中のためにならない。

第一級コレクターと呼ばれる者ほど見た目にギャップがある。オフ会で初めて会うべく駅のコンコースで待ち合わせをした場合に「まさかこのヒトではないだろう」という平凡な人物がこちらへ向かって歩いてくることがよくある。真のマニアとは装うことなく普通の姿をしている。これはジョン・レノンが死の直前までマーク・チャップマンに対して無警戒であったことからも立証できるだろう。

我々の暮らす宇部市は人口17万人ほどの小さな町だが、市民の「ロック偏差値」は意外なほど高い。老舗のレコード店が洋楽専門の支店を構えていたことは以前にも紹介したとおり。地理的にエフエム福岡が受信しやすかったということもある。ロックに親しむには最適な環境が整っていた。そんな時代を謳歌した者たちがいまもロックを聴き続け、その一部が無自覚のままマニアへとコレクターへと「昇進」していることはしぜんに頷ける。ひょんなことから、そうした方々と知り合うことがある。鏡に映った自分の姿を見るかのようで猛烈に恥ずかしい半面、同郷の同志に出会えたことが無性に嬉しかったりもする。長州藩のスピリットはこんなところにも生きているのだ。

そのうちのひとり。Aさんとしよう。このAさんの蒐集対象はかなり”へんくう”だった。宇部にまつわる自主制作盤を片っぱしから集めていた。「南蛮音頭」からはじまり宇部市に本社を置く企業の社歌、宇部市が制作した市民歌、宇部市西岐波区の町内歌、なんでもござれ。いずれも入手は容易くない。ヤフオクで検索アラートを寝て待つような類ではない。靴をすり減らして探し歩くしかないのだ。コレクターの原点を見る思いがした。

Aさんのお株を奪うかのように、今回、私が幸運に入手した一枚をここで紹介したい。「宇部中央銀天街音頭」。Googleで検索しても出てくるのは宇部市立図書館のアーカイブページのみである。まさしく幻の一枚。

1971年(昭和46年)日本コロムビア委託制作盤。歌っているのは三鷹淳。昭和9年宇部市出身の歌手。「闘魂こめて」(巨人軍の歌)の初代ヴァージョンを歌ったことで知られる(*三重唱のうちの二番を担当した)。B面は再録となる「宇部市民の歌」。三鷹は他にも宇部市はもとより山口県全域において数多くの社歌、県歌をレコードに吹き込んでいる。その数じつに百曲。この知られざる英雄については近く文献をまとめる予定である。

レコードに針を落とす。昭和の宇部の風景が退色したフィルムのように目のまえに広がる。空を見上げれば壮麗な大和タワー。洋楽専門のレコード店もこの商店街にあった。四番のリリックがいい。
 
雨は降らぬが銀の傘/若いこころに濡れている/宇部の中央銀天街/ごっぽええとこ銀天街

衰退した商店街のいまを憂うのではなく、かつての繁栄を心で感じたい。レコードとは永遠の時を刻む魔法の円盤である。

Aさん。パソコンのアドレスをうっかり捨ててしまった。見ていたら連絡してよ。どうやらこのレコードは君ん家の棚のほうが居心地がいいらしい。気にしないでいいよ。安くしとくから。

※2015年4月17日facebook掲載文を加筆しました。市制100周年にあわせて宇部市関連のレコードをこれから不定期に紹介していきます。お楽しみに。


4月4日(土)より「WELCOME TO UBE」と題したフレッシャーズフェアを開催いたします。

この4月、宇部へ引っ越して来られた皆さま、「住みたい田舎日本一」の我が街へようこそ。ご愛用の眼鏡のメンテナンスは当店にお任せください。期間中、鼻パット交換+分解洗浄+型直し+掛け具合調整を500円(税込)にて承ります。

コロナの影響で入荷が遅れていたフレームも揃ってきました。EFFECTOR、theo、Anne et Valentin、Bobby Sings Standard、RES/REI、Mr.CASANOVAなどなど怒濤のフルラインナップ。サングラスも充実しています。

お得なクーポン券を店内に設置しております。ラッキーを探してください。

もちろん「ずっと宇部人」の方々も大歓迎。市制100周年へのカウントダウンももうまもなく。桜満開の季節、心沸き立つアイウエアショップ「おくたき 」へ。どうぞお越しください。

期間・4月4日(土)〜12日(日)※9日(木)店休